牛肉と里芋のしぐれ煮

牛肉と里芋のしぐれ煮

濃いめの味付けでご飯にもお酒のお供にも最適なしぐれ煮です。
しぐれ煮といえば、牛肉とごぼうが定番の具だと思いますが今回は里芋を一緒に煮ました。
常備菜的役割のしぐれ煮が一気にメインおかずっぽくできあがります☆
煮汁が絡んだ里芋がとってもおいしいんです。里芋の代わりにじゃがいもでもOK!
しっかり味にするため、隠し味に味噌を少々加えます。するとコクが倍増し深い味になるんです。
冷蔵保存で日持ちもするので作っておくと便利。おかずが少ない時のご飯のお供に、お弁当のおかずや、牛をおにぎりの具にするのもオススメですよ^^

スポンサーリンク

牛肉と里芋のしぐれ煮の材料(2人分)

牛切り落とし肉(酒・醤油各小さじ1で下味) 200g
里芋 5個
ごま油 大さじ1
★水 1cup
★ほんだし 小さじ1
★味噌 小さじ1
★酒 大さじ1
★砂糖 大さじ1
★醤油 大さじ3
★おろし生姜(チューブタイプ) 3cm分
白ごま 適量
青ネギ あれば

牛肉と里芋のしぐれ煮の作り方

  1. 里芋は皮をむき、食べやすい大きさに切ったら塩でもみ洗いする。
  2. 鍋にごま油で牛肉を炒める。肉の色が変わったら、里芋を入れて炒め合わせる。
  3. 2に★を加えて沸騰したらあくを取り除き、落としぶたをして中火で15分~20分、里芋が柔らかく、煮汁が少なくなるまで煮る。
  4. 皿に3を森、白ごまとあれば青ネギを散らしてできあがり。
里芋は塩でもみ洗いすることでぬめりを取る効果があります。時間があったら茹でこぼしもしてくださいね。