蒲焼き缶で簡単炊き込みご飯

蒲焼缶で炊き込みご飯

蒲焼きの香ばしい香りが食欲をそそる♪
さんまの蒲焼き缶で作るしっかり味の炊き込みご飯です。
お魚の炊き込みご飯って、美味しいですが作ってみたら生臭さが残ってしまったり、骨が残ってて食べてる時に口に当たったりしませんか?蒲焼きの缶詰を使えば、すでに味付けがされていて骨まで柔らかくなっているので絶対美味しくできちゃいます!お子さんもお魚の炊き込みご飯、すすんで食べてくれるんじゃないでしょうか。
作り方も手間なくとっても簡単!お釜に具材を入れて炊くだけです。これにおみそ汁とちょっとした野菜の和え物、炒め物があれば十分満足な夕ご飯ですよ♪なにかと忙しい日の夜ご飯におすすめです。
さんまでなくても、うなぎやいわしの蒲焼きでも美味しくできます。棚の奥に眠っている蒲焼き缶ありませんか?是非^^

スポンサーリンク

蒲焼き缶の炊き込みご飯の材料(2合分)

米 2合
さんま蒲焼き缶 1缶
★醤油 大さじ1
★酒 大さじ1
★昆布だし(顆粒) 小さじ1/2
油揚げ(きざみ揚げ) 適量
水 適量

蒲焼き缶の炊き込みご飯の作り方

  1. 研いだお米と★をお釜に入れたら、2合のメモリまで水を入れて軽く混ぜる。
  2. 油揚げと蒲焼き缶も加えて広げる。
  3. 普通炊飯してできあがり。さんまをほぐすように混ぜ合わせてからお茶碗によそって下さい。お好みで白ごまや刻み海苔をふってどうぞ。
手順2

油揚げはお好みの分量を入れて下さいね。
そのほかにも、にんじんやしめじ、ごぼうを加えても美味しいです。
蒲焼き缶の油は入れても入れなくてもどちらでも大丈夫です。
でも全部入れてしまうと炊きあがりが少し油っこくなってしまうので注意。今回は小さじ2くらい入れました。