香味だれで美味しい蒸し鶏 | 簡単!うちレシピ

塩鶏のさっぱり香味だれ

蒸し鶏のさっぱり香味だれ

ふっくらと蒸した鶏肉に、さっぱり香味だれが決め手の塩鶏です。
最近【塩鶏(蒸し鶏)】にハマっています。作っておけば、サラダのトッピング、キャベツやもやしと和え物にしたり、ととっても便利!ハムやベーコンと同じ要領かしら?♪
とりあえず塩鶏を作って冷蔵庫に入れておけば重宝するはず!アレンジレシピこちら→『塩鶏とキャベツのサラダ
今回は香味だれをかけてしっかりおかずを作りました。香味だれは、長ねぎと生姜でとてもさっぱりいただけます。ごま油の香りも食欲そそる♪
また、鶏肉にしっかり下味をつけるので、もし盛り付け後に食材から水分が出てきてしまっても、味がぼやけたりしません。
今回は鶏もも肉を使用しましたが、鶏胸肉でも大丈夫です。
熱々も美味しいですが、冷やして食べるのもよりさっぱりして美味しいですよ☆
鶏肉1枚だけでも、しっかりボリュームある一品です。

スポンサーリンク

蒸し鶏のさっぱり香味だれの材料(2人分)

鶏もも肉 1枚
もやし 1/4袋
塩 小さじ1/4
砂糖 小さじ1/4
酒 50ml
■香味だれ
長ネギ(微塵切り) 10cm分
おろし生姜(チューブタイプ) 3cm分
醤油 大さじ2
酢 大さじ2
ごま油 大さじ1
砂糖 小さじ1

蒸し鶏のさっぱり香味だれの作り方

  1. 鶏肉に塩と砂糖をしっかりもみ込む。
  2. 小鍋に酒と1の鶏肉を皮を下にして入れて中火で火にかけ、鶏肉のふちが白くなってきたらひっくり返してその上にもやしを乗せてふたをして、弱火で8分ほど蒸し、火を止めて5分以上蒸らして余熱で火を通す。
  3. 蒸している間に香味だれの材料をすべて混ぜ合わせておく。
  4. 蒸し上がったら、鶏肉は食べやすい大きさに切り、皿にもやし→鶏肉の順に盛りつける。
  5. 鶏肉に3の香味だれをたっぷり回しかけてできあがり。
鶏肉は鶏胸肉でもOK!
鶏胸肉の厚みによって火の通りが遅い場合があります。
火を止めて蒸らし上がったら少し包丁で少し切り込みを入れて中まで火が通っているか確認してください。もしまだ中が赤かった場合はもう少し蒸らすか弱火を付けるか、調節してくださいね。
もやしは、キャベツや水菜でも代用可能です。